生ゴミ処理機

どこの家庭でも出るのが ゴミ。置き場所、汁漏れ、臭い、 など、様々な問題が・・。それを解決してくれるのが ゴミ処理機です。

◆ゴミ処理機とは?

微生物を利 して ゴミを分解したり、熱を当てて乾燥させたりして、 ゴミを減らせる上、臭いや の発 も防げます。
また、発酵させた ゴミは家庭菜園の肥料として使うこともできます。
ゴミ処理機には、バイオ式、乾燥式、ハイプリッド式なとがあり、価格、容量、サイズなど様々です。屋内におけるタイプや、屋外もあります。電気を使うので、屋外の設置場所によっては、電気 事が必要になります。

◆それぞれの ゴミ処理機の特徴

発電した電気を家庭ですぐに使えて、送電ロスが出ないのが大きなメリットです。電気の使用量が減るので、電気代が安くなります。また、ガス会社によって、専用のガス料金メニュー があり、割引を受けられることもあります。停電時にも発電が可能です。

・バイオ式…微 物の でコミを分解します。ゴミのほかに、バイオチップ、種菌などをれて、ゴミを と炭酸ガスに分解します。

・乾燥式…熱や風を送ってゴミの水分を蒸発、乾燥させます。 ゴミの7割以上は水分なので、コンパクトになります。電気を使って乾燥させるので、電気代がかかり、音も大きくなります。

・ハイプリッド式…バイオ式と乾燥式のいいとこ取りです。 ゴミを乾燥させるだけでなく、微生物による分解処理も います。音が静かで、脱臭機能が優秀なので、臭いも気になりにくいです。

 

生ゴミ処理機はゴミの量が減らせるので、多くの自治体で補助金が出ています。お得に手に入れてはいかがでしょうか?(※詳しくはHPなどで確認してください。)